BIManalytics®

プリセールス、ビジネス、マーケティング分析ツールを使って、リードをフォローアップ

ビジネスを拡大するためのBIM
こちらから直接ダウンロード
RevitARCHICADSketchUpAutoCADVectorworks

BIManalytics®とは?

BIManalytics® Coreは、BIMobject® Cloudからの自社製品のダウンロードを基点としたユーザー動向をチェックするための、プリセールス/営業/マーケティング分析ツールです。見込み客となり得るユーザーの獲得だけでなく、直接的および間接的なインフルエンサーであるユーザーとのコミュニケーションを図り、ビジネスマッチングを実現するツールです。

ダウンロードを追跡する

BIMobject® Cloudからダウンロードされた自社製品を全て追跡し、ユーザーごとにアクティビティを記録します。BIManalytics Core は、BIMobject® Cloudにホスティングされているメーカーのデジタルコンテンツに関わる全てのアクティビティを収集しています。BIMobject® Cloudには全てのデータが保管されているため、様々な形式の分析が可能です。時期や地域など条件を自由自在に指定し、分析結果を確認することができます。どのBIMシステムがどの国で利用されているかなどの詳細情報も提供できるため、メーカーとして次のどのような行動を取るかといった意思決定を支援します。

見込み客の表示

リードジェネレーションツールおよびCRMシステムを補完するものとして、販売機会を創出し、その価値を評価する手段と関連情報を営業担当者に提供することを目的としています。BIManalytics® Coreを使用すると、営業担当者はプロのBIMユーザーとやりとりし、職業や会社などの詳細な情報を取得することができます。営業担当者は、有望な見込み客となる直接的、間接的インフルエンサーを特定し、彼らと関わり、潜在的な事業や機会を見つけることができます。このツールを使用すると、営業担当者は、国、地域、都市、郵便番号などのまとまった単位で、個人ユーザーに関する情報をフィルタリングできます。地域別に概要が示された世界地図が表示され、見込み客の創出や製品販売が見られる各地域の概要を営業担当者に提供してくれます。

マーケティング担当部門向け

BIManalytics® Coreを使用することで、マーケティング担当は、製品、ソース、ファイル形式、地域の情報を受けて、どのようなマーケティングキャンペーンが最も効果的か分析し、BIMコンテンツからの投資収益率を計算することが可能となります。マーケティング担当部門は、ツールから直接PDFファイルにレポートをまとめ、結果を表示することもできます。

とBIMsupply®

BIMobject® SpitFireとは、BIMsupply®とbimobject.com上で使用されるビジネスマッチングライセンスとその機能を指します。BIManalytics® Coreは、このBIMobject® SpitFireで指定した地域と対応しています。SpitFireには、bimobject.comの製品ページでのビジネスマッチング、クラウドベースのBIMsupply®部品表、及びBIMsupply®の3D BIMプロジェクト空間の3つのライセンスレベルがあります。ビジネスマッチング機能はすべて、所在地が割り振られた複数の現地営業担当者の担当地域を対象とします。

特定の国においてBIMobject® SpitFireを有効にすると、メーカーは、BIManalytics® Coreに営業チームを追加することができ、各地域の営業担当者とBIMユーザーとのマッチングが行われます。BIManalytics® Coreは、国、地域、ひいては郵便番号に至るまで細かく設定することが可能です。ビジネスマッチングを有効にすると、エンドユーザー(プロのBIMユーザー)側からメーカーの販売チャネルやサプライチェーンに直接連絡し、価格や製品サポート、および注文の問い合わせをすることができます。

BIManalytics® App

BIManalytics®  のローカルユーザーはiPhone Appを活用し、見込み客に関する最新情報に直接アクセスしたり、新しい見込み客の評価やコミュニケーションを迅速かつ簡単に行うことができます。このアプリケーションは無料です。ただし、営業担当者は、BIManalytics® の管理者が設定している販売地域ごとにBIManalytics® のローカルサブスクリプション契約が必要です。

BIMobject Mail message

BIManalytics® Coreは、コミュニケーションツールであるBIMobject® Mailと連携しながら使用することでユーザーにさらにコミットすることができます。BIMobject® Mailは、営業担当者がBIMユーザーに連絡を取り、サポートし、やり取りするためのメッセージセンターともいえます。

BIManalytics®とは?

BIManalytics® Coreは、BIMobject® Cloudからの自社製品のダウンロードを基点としたユーザー動向をチェックするための、プリセールス/営業/マーケティング分析ツールです。見込み客となり得るユーザーの獲得だけでなく、直接的および間接的なインフルエンサーであるユーザーとのコミュニケーションを図り、ビジネスマッチングを実現するツールです。

ダウンロードを追跡する

BIMobject® Cloudからダウンロードされた自社製品を全て追跡し、ユーザーごとにアクティビティを記録します。BIManalytics Core は、BIMobject® Cloudにホスティングされているメーカーのデジタルコンテンツに関わる全てのアクティビティを収集しています。BIMobject® Cloudには全てのデータが保管されているため、様々な形式の分析が可能です。時期や地域など条件を自由自在に指定し、分析結果を確認することができます。どのBIMシステムがどの国で利用されているかなどの詳細情報も提供できるため、メーカーとして次のどのような行動を取るかといった意思決定を支援します。

見込み客の表示

リードジェネレーションツールおよびCRMシステムを補完するものとして、販売機会を創出し、その価値を評価する手段と関連情報を営業担当者に提供することを目的としています。BIManalytics® Coreを使用すると、営業担当者はプロのBIMユーザーとやりとりし、職業や会社などの詳細な情報を取得することができます。営業担当者は、有望な見込み客となる直接的、間接的インフルエンサーを特定し、彼らと関わり、潜在的な事業や機会を見つけることができます。このツールを使用すると、営業担当者は、国、地域、都市、郵便番号などのまとまった単位で、個人ユーザーに関する情報をフィルタリングできます。地域別に概要が示された世界地図が表示され、見込み客の創出や製品販売が見られる各地域の概要を営業担当者に提供してくれます。

マーケティング担当部門向け

BIManalytics® Coreを使用することで、マーケティング担当は、製品、ソース、ファイル形式、地域の情報を受けて、どのようなマーケティングキャンペーンが最も効果的か分析し、BIMコンテンツからの投資収益率を計算することが可能となります。マーケティング担当部門は、ツールから直接PDFファイルにレポートをまとめ、結果を表示することもできます。

とBIMsupply®

BIMobject® SpitFireとは、BIMsupply®とbimobject.com上で使用されるビジネスマッチングライセンスとその機能を指します。BIManalytics® Coreは、このBIMobject® SpitFireで指定した地域と対応しています。SpitFireには、bimobject.comの製品ページでのビジネスマッチング、クラウドベースのBIMsupply®部品表、及びBIMsupply®の3D BIMプロジェクト空間の3つのライセンスレベルがあります。ビジネスマッチング機能はすべて、所在地が割り振られた複数の現地営業担当者の担当地域を対象とします。

特定の国においてBIMobject® SpitFireを有効にすると、メーカーは、BIManalytics® Coreに営業チームを追加することができ、各地域の営業担当者とBIMユーザーとのマッチングが行われます。BIManalytics® Coreは、国、地域、ひいては郵便番号に至るまで細かく設定することが可能です。ビジネスマッチングを有効にすると、エンドユーザー(プロのBIMユーザー)側からメーカーの販売チャネルやサプライチェーンに直接連絡し、価格や製品サポート、および注文の問い合わせをすることができます。

BIManalytics® App

BIManalytics®  のローカルユーザーはiPhone Appを活用し、見込み客に関する最新情報に直接アクセスしたり、新しい見込み客の評価やコミュニケーションを迅速かつ簡単に行うことができます。このアプリケーションは無料です。ただし、営業担当者は、BIManalytics® の管理者が設定している販売地域ごとにBIManalytics® のローカルサブスクリプション契約が必要です。

BIMobject Mail message

BIManalytics® Coreは、コミュニケーションツールであるBIMobject® Mailと連携しながら使用することでユーザーにさらにコミットすることができます。BIMobject® Mailは、営業担当者がBIMユーザーに連絡を取り、サポートし、やり取りするためのメッセージセンターともいえます。

Solutions