BIMobject® Mosquito

BIMobject® Mosquito

Mosquitoの技術を使用すれば、ライセンスさえあれば誰でも、クラウド上に直接BIMオブジェクトを作成し、数分のうちに全世界に公開することができます。

オンラインオブジェクト開発

この新技術は、開発者、パートナー、メーカーがBIMオブジェクトをクラウド上に直接作成できるようにする世界初の技術です。使い易く、CADやBIMソフトウェアに関する事前知識がなくてもBIMコンテンツを作成できます。

ソフトウェアのダウンロードは必要ありません。インストールも不要です。WEBGL対応のWebブラウザで動作します。

プロパティセットと値を瞬時に追加します。

Mosquito技術は、BIMobject® Propertiesに対応する予定です。BIMobject® Appsを使用してオブジェクトを作成した時、またはそれ以降のプロセスで後から、より多くの情報やプロパティをオブジェクトに追加することができるようになります。

オブジェクトを大量に作成し、一括アップロード

一括アップロード機能により、外部データベースとの対話が可能です。Excelファイルを使用し、PIMシステム等の外部データソースから大量のオブジェクトを自動的に量産することもできます。

ジオメトリまたはテンプレートを使用してオブジェクトを作成

Mosquitoは、より高度な3Dジオメトリを実現するための幾何学的形状とテンプレートの両方から派生するオブジェクトタイプをより多く可能にするために継続的に開発されています。

ArchiCADとSketchUpに対応

Mosquito技術により、ArchiCADとSketchUp用のネイティブファイルを自動作成します。

WebGL 3D

WebGL採用により、構築中のオブジェク トのライブ3D表現を直接、Webブラウザで表示させることができます。高さ、幅、奥行きなどのパラメータは、3Dジオメトリの基礎となります。また製品について提供されている全てのプロパティが最終的なBIMオブジェクトに追加されます。

テクスチャ

例えばモザイク、テキスタイル、セラミック、白物家電の外観等、表面を表す画像を追加します。

Mosquitoを体験する

Product Sheetのダウンロード共有パラメータファイル