BIMscript®

BIMscript®

BIMscript®は、BIMコンテンツ作成プロセスを合理化し、高速化するソリューションです。オープンかつ自由にアクセスできるスクリプト言語とBIMオブジェクトオーサリングソリューションの両方を提供します。

強力なスクリプト言語

BIMscript®には、パラメトリックの振る舞いのみ ならず、計算、製品ロジック、詳細レベル(ジオメトリとジオメトリの組み合わせの複雑度が何段階か設けられています)、膨大な数のプロパティと属性が含まれています。

機械CADジオメトリのインポート

BIMscript®は、ホスティングプラットフォームと して機能する、メカニカル3D CADシステムRhinoのオーサリングアプリケーションを使用して生成されます。このソリューションは、Rhinoのモデリングや最適化機能と共に機能します。CATIA、SolidWorks、SolidEdge、IGES、NX、JT、Inventor、ProEなどの業界をリードする製品を含むほとんどの機械CADシステムから機械CADジオメトリをインポートすることができます。

ネイティブなBIMオブジェクトを生成

クラウド上で動作するBIMscript®は、オートデスク社、グラフィソフト社、トリンブル社製の最も普及しているBIMアプリケーション向けの様々なフォーマットで、インテリジェントかつネイティブなBIMオブジェクトを作成します。また、近い将来にはさらに対応フォーマットを増や していきます。また、IFC、3DS、DWG、WebGLなどの一般的なフォーマットでもオブジェクトを生成します。

BIMobject® Cloudと接続

BIMscript®はBIMobject® Cloudに直接接続されているため、クラウドプラットフォーム上のプロパティセットに保存された該当する製品情報への接続が含まれた形で、オブジェクトを公開するためのシームレスなワークフローを提供します。

拡張性とインテリジェンス

このソリューションは拡張性を備えており、インテリジェントな形で製品とコンポーネントを描くことにより、様々なパラメータや異なる詳細レベルを持つ構成可能なオブジェクトを作成することができます。BIMscript®はCプログラミング言語のサブセットで、スマートオブジェクトの作成およびBIMobject®Cloud上でのホスティング、管理を可能にします。BIMscript®を使って作成したオブジェクトは、BIMobject® Properties(BOPC)からのプロパティとメタデータを格納することができます。

使いやすい

BIMscript®を使用するには、開発者はRhino 3Dの商用ライセンスとBIMobject®からの認定を取得する必要があります。このソリューションは非常にユーザーフレンドリーで、生成したBIMscript®の構文制御、テスト、作成は全てソリューション自体が実行します。この技術は自由に利用することができ、継続的に強化されています。

BIMscript®を体験する

Product Sheetのダウンロード共有パラメータファイル