BIMobject® EVO

BIMプロセス内に組み込まれるコンテンツをより簡潔に整理するためのデスクトップアプリ

ウェブサイトをご覧ください
こちらから直接ダウンロード
RevitARCHICADSketchUpAutoCADVectorworks

コンテンツおよびファイル管理システム

BIMobject®EVOは、BIMプロセス内で生じるワークフローのギャップを埋めるBIMコンテンツ/ファイル管理システムです。このアプリは、すべてのBIMユーザーの生産性と効率を高めるのに役立ちます。例えば、BIMオブジェクトがローカル環境に無制限に生成されることを防ぎ、ワークフローの煩雑化を防ぎます。

1つの場所で全てのBIMコンテンツを明示的に分類

BIMobject®EVOは、メーカーのBIMオブジェクトを利用するユーザーのデータ管理を簡潔にし、柔軟性と効率を向上させます。アプリは、ユーザーがローカル環境下でホストされているか、他のソースからダウンロードされているかに関係なく、それらのものを1つの場所に集約し管理できるようになります。bimobject.comから取得したコンテンツは、Webとリンクすることによって補完されたデータとワークフロー能力を活用することができます。

BIMobject®クラウドをフル活用したRevitとの統合

BIMobject®EVOは完全にbimobject.comと統合されています - ブラウザを起動することなく、ダイレクトにBIMオブジェクトを検索することができます。既にローカル環境下にあるBIMコンテンツは、アプリ上に該当フォルダをインポートすることで、既存コンテンツもアプリ上で管理できるようになります。アプリ上では各コンテンツに対して編集可能なタグ付けシステムを搭載しており、ユーザー好みのソート機能をコンテンツに付与することができます。コンテンツを開いているRevitプロジェクトに直接インポートすることもできるため、シームレスで切れ目のないワークフローが可能になります。

お気に入りのオブジェクトをピン/共有

ユーザーはBIMobject内でお気に入りのBIMオブジェクトがあればそれを自分のボードにピン留めし、プロジェクトチームにそのボードを共有することができます。ピン留めされたオブジェクトはWebと接続されているため、他のユーザーが時間が経った後にアクセスしても常に最新に更新されたオブジェクトに触れることができます。

編集可能なタグ付けと集約の機能

管理システムは、特定のプロジェクトとその内部に存在する特定の製品タイプのBIMオブジェクトを、同じ名前のフォルダ - サブフォルダによって分類できるため、プロジェクト内のコンテンツのカタログ化が容易になります。ワークフローを簡潔にするために、BIMobjectクラウドからのコンテンツをフォルダに直接ダウンロードすることもできます。コンテンツマネージャーには必要に応じてコンテンツを分類するためのタグ付け機能もあります。好みに合わせて自由に編集可能なテキストフォーム/カラーリングタグを組み合わせることができるオプションが用意されています。

アクセス性の向上

BIMobject EVOは、Windows、MACおよびLinuxなどあらゆる主要なオペレーティングシステムに関わらず、BIMコンテンツ管理プロセスに関わる多くの人々がBIMコンテンツ管理をしやすくするために開発されました。

プライベートクラウド統合オプション - セキュリティが鍵です

HerculesをEVOに統合すれば、BIM管理者は、会社が所有するプライベートクラウドでつながったBIMコンテンツに、ユーザーを簡単に招待することができます。

コンテンツおよびファイル管理システム

BIMobject®EVOは、BIMプロセス内で生じるワークフローのギャップを埋めるBIMコンテンツ/ファイル管理システムです。このアプリは、すべてのBIMユーザーの生産性と効率を高めるのに役立ちます。例えば、BIMオブジェクトがローカル環境に無制限に生成されることを防ぎ、ワークフローの煩雑化を防ぎます。

1つの場所で全てのBIMコンテンツを明示的に分類

BIMobject®EVOは、メーカーのBIMオブジェクトを利用するユーザーのデータ管理を簡潔にし、柔軟性と効率を向上させます。アプリは、ユーザーがローカル環境下でホストされているか、他のソースからダウンロードされているかに関係なく、それらのものを1つの場所に集約し管理できるようになります。bimobject.comから取得したコンテンツは、Webとリンクすることによって補完されたデータとワークフロー能力を活用することができます。

BIMobject®クラウドをフル活用したRevitとの統合

BIMobject®EVOは完全にbimobject.comと統合されています - ブラウザを起動することなく、ダイレクトにBIMオブジェクトを検索することができます。既にローカル環境下にあるBIMコンテンツは、アプリ上に該当フォルダをインポートすることで、既存コンテンツもアプリ上で管理できるようになります。アプリ上では各コンテンツに対して編集可能なタグ付けシステムを搭載しており、ユーザー好みのソート機能をコンテンツに付与することができます。コンテンツを開いているRevitプロジェクトに直接インポートすることもできるため、シームレスで切れ目のないワークフローが可能になります。

お気に入りのオブジェクトをピン/共有

ユーザーはBIMobject内でお気に入りのBIMオブジェクトがあればそれを自分のボードにピン留めし、プロジェクトチームにそのボードを共有することができます。ピン留めされたオブジェクトはWebと接続されているため、他のユーザーが時間が経った後にアクセスしても常に最新に更新されたオブジェクトに触れることができます。

編集可能なタグ付けと集約の機能

管理システムは、特定のプロジェクトとその内部に存在する特定の製品タイプのBIMオブジェクトを、同じ名前のフォルダ - サブフォルダによって分類できるため、プロジェクト内のコンテンツのカタログ化が容易になります。ワークフローを簡潔にするために、BIMobjectクラウドからのコンテンツをフォルダに直接ダウンロードすることもできます。コンテンツマネージャーには必要に応じてコンテンツを分類するためのタグ付け機能もあります。好みに合わせて自由に編集可能なテキストフォーム/カラーリングタグを組み合わせることができるオプションが用意されています。

アクセス性の向上

BIMobject EVOは、Windows、MACおよびLinuxなどあらゆる主要なオペレーティングシステムに関わらず、BIMコンテンツ管理プロセスに関わる多くの人々がBIMコンテンツ管理をしやすくするために開発されました。

プライベートクラウド統合オプション - セキュリティが鍵です

HerculesをEVOに統合すれば、BIM管理者は、会社が所有するプライベートクラウドでつながったBIMコンテンツに、ユーザーを簡単に招待することができます。

Solutions