BIMobject® Properties

BIMobject® Properties

BIMobject® Propertiesは、拡張プロパティ(パラメータ、メタデータ、または属性のの将来的な基準を策定する上で使用します。

オブジェクトに統一基準を持たせる。

BIMobject® Propertiesを採用したシステムでは、標準化されたプロパティ分類システムなど将来的な基準を策定し、簡単かつ実用的な方法で誰が情報を所有しているかを業界に明示することができます。上級ユーザーは、BIMプロセスの後半で物流と購買を促進するために、隠されたプロパティをオブジェクトに追加することができます。

プロパティセットの追加

BIMobject® Propertiesは、オブジェクトの追加プロパティとして使用できます。

COBieに準拠

COBieは、英国政府にオブジェクトを準拠させる ために必要とされる英国の分類方法です。運用・メンテナンスにおけるプロパティなどの必要データは、BIMobject®Appsを介し、オブジェクトに動的にロードできます。最も重要なのは、今後どのような国の分類システムでもこのように追加することが可能であるという点です。

複数のプロパティセット

1つのクラウド上に複数のプロパティセットを作成することができ、運用・保守、仕様、持続可能性に関する情報を定義するなどできます。

制限付きアクセスの設定

BIMobject® Propertiesは、全てのユーザーにオープンにしたり、特定のグループに限定することもできます。BIMobject® Propertiesのオーナーは、設計チームなど独自のユーザーグループを作成し、情報へのアクセスを制限することができます。パブリックにもプロジェクト専用にも設定できます。

Mosquitoと接続

Mosquitoや他のBIM作成ソフトで、新しいオブジェクトを開発するためにBIMobject® Propertiesを使用することができます。これにより、ライセンスさえ持っていれば誰でも統一基準を持つBIMオブジェクトを数分のうちに作成して公開することができます。

BIMobject® Propertiesを体験する

Product Sheetのダウンロード共有パラメータファイル