BIMsupply®

BIMプロジェクト内にある部品リスト、入札書、発注書、直接受注書を作成することができます

ウェブサイトを訪問
こちらから直接ダウンロード
RevitARCHICADSketchUpAutoCADVectorworks

BIMsupply®とは?

BIMsupply®は、BIMユーザーがオートデスクRevitのBIMプロジェクト内で部品表、入札図書、応札図書、直接注文書をシームレスに作成できるようにするクラウドベースのソリューションです。このソリューションにより、価格設定、見積、または直接発注を行うために、建材メーカー(BPM)の製品と材料のリストをクラウドベースで共有することが可能になります。

O2O

このソリューションは、オートデスクRevit、BIMobject® Cloud、オートデスク社が最近発表したクラウドプラットフォームのForgeを完全に統合した世界初のBIM用のO2O(Online to Offline)ソリューションです。さらに、すでにオートデスクSeekに公開されている全てのRevitコンテンツも、わずかなアップデートのみでBIMsupply®との互換性が確保されます。

情報の流れ

情報は、bimobject.comからダウンロードした建材メーカーのデジタル製品から、途切れることなく流れます。オートデスクRevitのようなBIMソフトウェアで実際のBIMプロジェクトに挿入して設定すると、プロパティ情報や生産関連情報が詳述された部品表や完全にインタラクティブな3D仮想空間といった形で BIMsupply.comクラウドに戻ります。

価値提案

建材メーカーの価値提案とは、BIMsupply®はクラウド上で動作するため、ローカルのBIMアプリケーションを購入し、コンピュータにインストールする必要はありません。BIMユーザーは、BIMプロジェクトをRevitからBIMsupply®にアップロードし、3D BIMプロジェクト空間を作成できます。また、その空間に建材メーカーを招待し製品の選択について具体的な交渉をしたり、迅速な注文と製造のために構成結果を抽出したりするだけでなく、プロジェクト内でWebブラウザーから同時に対話できる複数のユーザーを招待することもできます。BIMsupply®の初期バージョンは、オートデスクRevitとオートデスクRevitプロジェクトファイルでのみ使用できます。BIMobject®は近い将来、複数のBIMアプリケーションとフォーマットに対応する予定です。

BIMsupply®の初期バージョンは、オートデスクRevitとオートデスクRevitプロジェクトファイルでのみ使用できます。BIMobject®は近い将来、複数のBIMアプリケーションとフォーマットに対応する予定です。

BIMsupply®とは?

BIMsupply®は、BIMユーザーがオートデスクRevitのBIMプロジェクト内で部品表、入札図書、応札図書、直接注文書をシームレスに作成できるようにするクラウドベースのソリューションです。このソリューションにより、価格設定、見積、または直接発注を行うために、建材メーカー(BPM)の製品と材料のリストをクラウドベースで共有することが可能になります。

O2O

このソリューションは、オートデスクRevit、BIMobject® Cloud、オートデスク社が最近発表したクラウドプラットフォームのForgeを完全に統合した世界初のBIM用のO2O(Online to Offline)ソリューションです。さらに、すでにオートデスクSeekに公開されている全てのRevitコンテンツも、わずかなアップデートのみでBIMsupply®との互換性が確保されます。

情報の流れ

情報は、bimobject.comからダウンロードした建材メーカーのデジタル製品から、途切れることなく流れます。オートデスクRevitのようなBIMソフトウェアで実際のBIMプロジェクトに挿入して設定すると、プロパティ情報や生産関連情報が詳述された部品表や完全にインタラクティブな3D仮想空間といった形で BIMsupply.comクラウドに戻ります。

価値提案

建材メーカーの価値提案とは、BIMsupply®はクラウド上で動作するため、ローカルのBIMアプリケーションを購入し、コンピュータにインストールする必要はありません。BIMユーザーは、BIMプロジェクトをRevitからBIMsupply®にアップロードし、3D BIMプロジェクト空間を作成できます。また、その空間に建材メーカーを招待し製品の選択について具体的な交渉をしたり、迅速な注文と製造のために構成結果を抽出したりするだけでなく、プロジェクト内でWebブラウザーから同時に対話できる複数のユーザーを招待することもできます。BIMsupply®の初期バージョンは、オートデスクRevitとオートデスクRevitプロジェクトファイルでのみ使用できます。BIMobject®は近い将来、複数のBIMアプリケーションとフォーマットに対応する予定です。

BIMsupply®の初期バージョンは、オートデスクRevitとオートデスクRevitプロジェクトファイルでのみ使用できます。BIMobject®は近い将来、複数のBIMアプリケーションとフォーマットに対応する予定です。

Solutions